メニュー開発や広告作成、出店戦略に役立つ!スマホで簡単にできる飲食店の競合分析(3C分析)

飲食店の競合分析のやり方

こんにちは
飲食店の販促大学byBuzzFood
スタッフのニシホリです。

本日のテーマは
飲食店の競合分析

マーケティングの3C分析のうちの1つ
競合(Competitor)の分析方法をご紹介!

競合分析はこんなことに役立ちます!

  1. 他にないメニュー開発のヒントに!
  2. WEBや紙の広告作成時、強みを見つけるヒントに!
  3. 出店するときのお店のコンセプト企画に!

今回ご紹介するのは、
忙しい飲食店さんでもできるらくらく競合分析
お手元のスマホで簡単にできる競合分析の方法をご紹介します!

以下のボタンから
競合分析シートをダウンロードできますので
ぜひよかったらご活用ください!

目次

スマホで簡単にできる!競合分析のやり方

①まずはインスタでお店をピックアップ!

エリアの競合となるお店をピックアップするなら、インスタグラムを活用しない理由はありません!

一昔前は若者のツールと言われた時代もありましたが、今や現代人の情報収集には欠かせない存在に。

活用するのはインスタグラムのハッシュタグ検索

「キーワード」をハッシュタグで紐づけられた投稿一覧を見ることができます。
例えば、「丸の内ピザ」と検索すると「#丸の内ピザ」と入れた投稿が一覧表示されます。

では、競合店をピックアップするためにはどうしたらいいでしょう?

検索するキーワードは以下の3つだけ!

  1. エリア名×業種 ex.「名古屋イタリアン」
  2. エリア名×シーン ex.「名古屋デート」
  3. エリア名×料理名 ex.「名古屋パスタ」

エリアや業種・シーン・料理はご自身のお店に合わせて変えてください。

すると以下のようにキーワードに関連する投稿が現れますね?

検索欄に「#名古屋イタリアン」と入力した画面

そうなったら、投稿を上から順にチェックしていきましょう!
※人気投稿と最近の投稿がありますが「人気」のタブでOKです。

投稿をタップしてみると以下のようになります。

投稿をタップした画面

ではその投稿の一番上、
投稿アカウント名の下にある「スポットタグ(お店の名前)」をメモしましょう。

つまり「名古屋イタリアン」で人気のライバルということです。

この作業をいくつかやっていきましょう。
同じ名前が出てきたらスルーでOKです。

店名がいくつかリストにできたら競合リストの完成です!

②次に各店舗の特徴を調査!

では次に、それぞれのお店について詳しく知っていきましょう。

ちなみに調べるWEBサービスは、
公式ホームページグルメ媒体(食べログ・ぐるなび等)でOKです。

調べるポイントは以下のことを調べてみましょう!

  • お店の場所(周辺施設や道路状況なども知れるとなおよし)
  • 業態(テイクアウト専門、食べ放題、立ち食いなどの特徴あれば)
  • コンセプト
  • 価格帯(食べログに書いてあります)
  • 利用シーン
  • ターゲット(性別・年代・職業などを推測)
  • 名物料理の特徴
  • 席のスタイル(カウンターメイン、ソファーあり、大人数対応など)
  • 接客のスタイル
  • 店内の雰囲気

そのほかにも気になったことがあればメモしていきましょう。

他のお店に対して「強みと弱み」、「独自性」をピックアップ!

スマホで調べて作った競合分析シートが完成しました!

これを活用すればお店の強みや弱みを比較したり
他のお店にはない独自性を見つけることができますよね。

ここで見つかった強みをWEBやチラシの広告で積極的にPRしたり
メニュー開発の際に他のお店より魅力的な料理、ほかにないメニューを作れます。

他にない魅力をしっかりPRして
「このお店にいきたい!」と思ってもらえるお店にしていきましょう!

この記事が参考になったという方は
SNSでのシェアブックマークをいただけると幸いです。

販促大学は
頑張る飲食店さんを応援します!

それではまた14:30に!

チラシのデザインテンプレートならこちら!
飲食店の競合分析のやり方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ニシホリ ニシホリ 名古屋の飲食WEBディレクター

飲食店専門WEBプロモーションの株式会社フードコネクションのディレクター。町の居酒屋さんからミシュラン星付きの名店まで、300を超える飲食店のWEB制作を経験。そのノウハウを活かし調理師専門学校の外部講師も務める。プライベートでは名古屋の美味しいお店を紹介するグルメブロガー。美味しいお酒を探して今日もフラフラと。

目次
閉じる